孤独との闘い

中学受験を受ける時に、家庭教師を選択するご家庭は多くなってきています。様々なメリットがある一方、デメリットとなる部分もあるのが事実です。デメリットの代表としては、やはり孤独な闘いになるということです。集団塾の場合は、比較対象となる友達もある為、気持ち的に楽と感じる子供も少なくありません。しかし、家庭教師を選択した場合は、周りに友達はいません。

これが家庭教師を選択した時のデメリットであり、子供の性格を考慮して選択をすれば良いでしょう。しかし、集団模試を受けるなどすれば、今の自分の学力について知ることは十分にできます。本来、中学受験を受けるということは、孤独な闘いです。家庭教師や親御様がしっかりフォローすることで、一人で闘っているとは思わなくなるものです。

中学受験は親子の受験とよく言われています。親子の受験として対応する為には、当然全員の力を合わせていかないといけません。家庭教師を選択した時には確かにこういったデメリットがあるのが事実です。それは少しの工夫をすれば、デメリットではなくなるのが事実です。中学受験を受ける際に、家庭教師を選択するのであれば、メリットだけでなく、デメリットも把握することが大事です。