プロに依頼

家庭教師と一言で言っても、学生のアルバイトの方もいれば、本業として働く方もいます。一概には言えないものの、後者を選択するのは望ましいと言えます。しかし、後者の場合は、どうしてもスケジュールを抑えるのが難しいという難点があります。一般的に、中学受験を受けるのなら、早い場合は小学4年生頃から勉強を初めるものです。できるだけ早めに本業の家庭教師を抑えるのが望ましいと言えます。

また、どうしても支払うお金が高くなるのも事実です。しかし、それだけの価値があるのが事実です。本業の家庭教師はしっかり今までの実績があります。数多くの生徒を中学受験合格に導いてきた実績があることは大きなポイントになるのは間違いありません。指導力がある家庭教師を選択することは、中学受験合格の大きなポイントになります。

しかし、単純に指導力があることがプラスになるとは限りません。これは家庭教師との相性があるからです。家庭教師の相性が合っているとともに、確かな指導力があるのが理想的だと言えます。指導力があることは大事ではあるものの、それが全てではありません。まだ小学生の子供であるのが、難しくなる要因であり、親御様はこの点を考慮しないといけません。